幼き夢と過去の夢

どうもです。

 

今回は自分自身の事を書いてみようかなと思います。

 

「幼き夢と過去の夢」 

 

今、幼き頃から憧れていたところで働いています。それは好きだったからこそ選んだ道です。ただ、それと同等に好きで仕事にしたいぐらいになったものがあります…

 

「音楽」です。

 

「音楽」と「自分」について、少しではありますが書き綴ってみようと思います。

 

そもそも。音楽絡んだのは小学生の頃、ピアノを習っていました。正直、上手い・下手言うと下手…正直嫌いだった

 

そんな中で、小学4年の時、学校で放送委員になりました。家で録音したMDプレイヤーを持ち出しては、学校の給食の時間に食べながら放送をしていました。世の中の音楽と本格的に触れだしたのはこの時。

 

こうして中学上がり、事情もあったりして編入した直後に手を出し始めたのが アニソンでした。中学をある事情で編入し、移った先のクラスメイトにアニメ好きがいてそこからのめり込んで、ボカロだったりも覚えていた

 

同時期に親に電子ドラムを買ってもらい、曲を聴き音を覚えながら見真似で叩いていた

 

いつしか。好きなアニソンのバンドを組みたいっと憧れを持つようになった

 

その中、高校にエスカレーターで進級。

そこでクラスメイトで軽音部に興味を示した数人出会う。ここで世界観が変わった。

 

軽音部を探しに音楽室行き奥の倉庫をみるとアンプやドラムセットがいくつか存在していることに気づくが先輩たちに聞くと廃部寸前状態であった…。1年がやりたいと押すと自然と自分の表現を伝えたい人々がでてきた。そんな中初めてやったバンドはアニソンではなかった…結果的に学校では過去に2回しかやれなかった…

 

その間にアニソン以外の音楽に多く触れることができた。その中でもブルーハーツアジカンといった様々な音楽たちと。中でも強く残ったのは、東京事変は高校3年間は特に没頭した。スタジオ連はもちろんだが、教室に友人のカフォンがあり、それを借りてバンドメンバーがアコギを持ってボーカルが歌うみたいな時が放課後に何度起きただろうか…。教室がセッション会場だった。

 

やりたい放題だった正直、サボりもしたけど、ホント楽しかった。学年という境がない…そして何よりも魅力だったのが、合唱のパワーであった。これだけ授業というしばりなく自然と出るこのパワー。

男女2つずつのパートに分かれて合唱すると企画なんて関係なしに自然にこんなことが出来る。こんなイメージ。吹奏楽はなかったけど、ピアノ一本と歌だけ十分でした。

 

そういった中で芽生えてきたのは「音楽」をしたい、仕事にしていたいと考えはじめた。

 

ただ、「行くにしても一人で生きて行けるなら」と親からの現実的な話だった。

専門学校に見学に行ったりしていて最終的に決断する時が来た。。。苦闘した結果諦めることした…

 

理由は簡単な事だった…「今の自分じゃ出来ない…」

やりたいと思ったことに逃げたのである。観るだけで満足だという勝手な想いに負けた。結果的に大学に進むも一年で退学、好きなものを仕事にしたいという事から専門学校に入り直して、今の仕事についている。今思えば幼き夢を叶えたと言っても過言ではないです。

 

高校からアニソンセッションなどにも参加、LLBS(ラブライブバンドセッション)にもAqoursができる直前まで参加していました。その縁があって続けていた外バンも落ち着くまでという理由で休止しました。そのバンドメンバーとは楽しく、そして自分たちが作れる音楽をライブで届けられたと思ってます。

 

休止後は就活に励み、今の仕事へ。

そんな、就活中・仕事の中でもラブライブ!をはじめ、アーティストや様々なアニソンフェスライブに参戦…キャストの想いはキャラ・声優自身が好きな身からすると胸に響くものがいくつもありました…

 

いつか。自分もこんなステージを作れたら…なんて最近は想ってます

夢はかなえたい…けどまずは今を一生懸命に励むのみ…

 

最後、サニソンで〆て去った今でもあのバンドメンバーと再び組めたら…

なんていうのも心の底から湧き出る日はいつになるのだろう…

 

そしていつかの夢としてあるのは「境のない音楽のライブを作る」こと。

 

そんな毎日を今送っています…。